ベネト州のみどころ


世界遺産の水の都 ヴェネツィア Venezia をはじめ、古代遺跡アレーナでの夏のオペラ祭や、ロミオとジュリエットの町として有名な世界遺産の町 ヴェローナ Verona、建築家パッラーディオの建物が世界遺産に登録されている美しい ヴィチェンツァ Vicenza、世界遺産の植物園や スクロヴェーニ礼拝堂がある歴史と大学の町 パドヴァ Padva、運河の町 トレヴィーゾ Treviso、食後酒で有名な バッサーノ・デル・グラッパ Bassano del Grappa、人間チェスゲームが開催されるマロスティカ Marostica等 歴史と文化に溢れた町が州内に点在しています。

また、この州の北部にも世界遺産のマルモラーダ Marmoradaやペルモ Permoを含むドロミーティの山々が広がり、おしゃれな町コルティーナ・ダンペッツォ Cortina d'Ampezzoに代表される山岳リゾートの他、アバーノ・テルメ Abano Termeモンテグロット・テルメ等のスパ温泉地等、リラックスできる人気のリゾート地が沢山あります。



州都 ベネツィア Venezia

ヴェネツィア共和国としての輝かしい歴史をもち、町全体と潟が世界遺産に登録されています。黄金のモザイクが威厳を放つ サンマルコ大聖堂、ドゥカーレ宮殿や鐘楼のあるサン・マルコ広場、溜息の橋、ヴェネツィアは絵画の多いアカデミア美術館、大運河沿いの館カ・ドーロや、リアルト橋、サンティ・ジョバンニ・エ・パオロ教会や、サンタ・マリア・デッレ・サルーテ教会他、町並みすべてが見どころといえるでしょう。

自動車がなく、運河をゴンドラが行き交うそのロマンチックで美しい風情は、世界中の観光客の旅情を誘います。また、仮面が印象的なカーニヴァルや歴史的レガッタ、映画祭、ビエンナーレ等の芸術イベントも世界的に有名です。

近くのムラノ島、ブラノ島、リド島、トルチェッロ島等にも水上バスで、ぜひ足をのばして下さい。

ヴェネツィアの交通事情:車は町の入り口にあるローマ広場までしか入れませんので、市内交通は運河を運行する水上バス(ヴァポレット)、水上タクシー、ゴンドラ等の船利用か、徒歩になります。



ヴェネツィアのお祭り


カルネヴァーレ

2月頃行われ、様々な文化行事の他、美しく幻想的な仮面・仮装が特徴のカーニバル


2017年は2月11日〜28日 (公式の公表日程)   http://www.carnevale.venezia.it/

公式プログラムより、2月11日および12日にはオープニング関連イベント(フェスタ・ヴェネツィアーナ)が予定されていますが、
13日〜17日までは主要イベントは予定されていません。

例年の傾向から、仮面コンクールがスタートする2月18日〜2月28日が、よりカーニバルの雰囲気が濃い本番にあたります。



レデントーレ(救世主)の祭り

7月に行われるゴンドラのパレード、花火の打ち上げなどのお祭り。



歴史的レガッタ

9月に行われる共和国繁栄のこ呂を再現する華麗なゴンドラのパレードと各種ゴンドラのレース。



オペラシーズン

ラ・フェニーチェ劇場 Teatro La Feniceなどで12月から6月頃まで。





ヴェネツィアの見どころ




サン・マルコ広場 Piazza San Marco

サン・マルコ寺院正面の細長い美しい広場。サン・マルコ寺院やドゥカーレ宮殿などが周りを囲む。広場のまわりは

アーケードで囲まれ、ブティック、ムラノグラス点、有名人が多く憩った歴史のあるカフェテラス等が軒を連ねている。




時計塔
 Torre dell'Orologio

サン・マルコ
寺院に向かって左側には15世紀の時計塔 Torre dell'Orologioがあり、屋上に立つ二人のムーア人の

ブロンズ像が毎時鐘を打つ。15世紀末に塔が完成し、その後両側の翼が増築された。




サン・マルコ寺院 Basilica di San Marco

ヴェネツィアの守護聖人 聖マルコを祀る為に9世紀初頭に創建された。金箔や、モザイク、色大理石、七宝、宝石等で

華やかな装飾が施されており、ヴェネツィア共和国の冨と繁栄の力が伺える。


2016年 サンマルコ寺院入場料 1.50ユーロ/1人





鐘楼 Campanile

サン・マルコ広場に建つ鐘楼で、高さ約96m。上に登ることができ、美しい水の都のパノラマが楽しめる。






ドゥカーレ宮殿 Palazzo Ducale

サン・マルコ寺院の南側に建ち、ヴェネツィア・ゴシック様式の傑作といわれている。

ヴェネツィアを治める総督の邸宅であり、ヴェネツィア共和国の政治の中心だった場所。

内部はさながらヴェネツィア派の絵画館のようで、隣接する牢獄へ溜息の橋(または嘆きの橋)を渡る。


2016年 ドゥカーレ宮殿入場料 16ユーロ/1人



溜息の橋(嘆きの橋) Ponte dei Spspiri

ドゥカーレ宮殿と牢獄を結び、宮殿の裁判で有罪になった罪人が この橋を渡って牢獄へ収監された。

橋名は、罪人が橋を渡るときに窓からの外界の眺めに我が身を嘆き悲しんだことに由来する。




リアルト橋 Ponte Rialto

大運河のほぼ真中の地点にかかる橋で、16世紀に造られた。橋の上も周囲も商店が軒をつらねる賑やかな地域。





市場 Mercato

野菜や魚の市場は、活気あるヴェネツィア商人の姿を見ることができる。



サン・ジョルジョ・マッジョーレ教会 Chiesa di S. Giorgio Maggiore


サン・マルコ小広場の正面、サン・ジョルジョ・マッジョーレ島に建つ教会。 鐘楼からのサン・マルコ広場や

ラグーナの眺めが素晴らしい。

カ・ドーロ Ca' d'Oro  

15世紀ヴェネツィア貴族の宮殿で、大運河に面して建つ多くの美しい建物の中でも、最も優美だとたたえられている。

現在はフランケッティ―美術館として公開されている。




周辺都市のみどころ




パドバ Padova

ヴェネツィアから列車で約30分。パドヴァ大学は、ボローニャに次ぐ歴史を誇り、ダンテやガリレオ・ガリレイゆかりの名門。
スクロヴェーニ礼拝堂内のジョットのフレスコ画は必見。聖母マリアとキリストの生涯が38場面にわたって描かれている。






トレヴィーソ
 Treviso

ヴェネツィアの北に位置する小さな町で、運河と城壁に囲まれた中世の面影を残す町。
秋には並木道が美しく、キノコ市も開かれる。肉や魚はもちろん、近郊の農地でとれる野菜や果物、ワイン、グラッパなど
美味に溢れた町。





ベローナ Verona

ヴェ ネツィアから列車で約1時間半。シェイクスピアの悲劇「ロミオとジュリエット」の舞台の町。
また、アレーナという名で知られる円形劇場では、毎年夏7 月〜9月になるとオペラが上演されることで有名。
大がかりな舞台装置や音響効果が観客席の感動を盛り上げる。心地よい夜風に吹かれて星空の下でオペラ歌手の
歌声に耳を傾けるひとときは、真夏の世の夢。






ヴィチェンツァ Vicenza

ヴェネツィアから列車で約1時間。ルネサンスを代表する建築家パラーディオゆかりの町。
ヴィチェンツァ市内に残るバジリカや、オリンピコ劇場など23の建物の 他、「ラ・ロトンダ」をはじめとする
パラーディオの建てた有がなヴィラ(邸宅)がヴェネト州内の各地に点在しています。



バッサーノ・デル・グラッパ Bassano del Grappa

パドヴァから列車で約1時間。市内は徒歩で十分。ワインに使用する葡萄の果汁を搾った後の種と皮を発効させてつくる
アルコール度数40度のお酒グラッパのふるさと。また、初夏になると市場にはアスパラガスが積まれ、こちらも町の名物。





アゾロ Asolo

坂が多く、石畳の細い小路が入り組む小さな町。町全体が女性的でエレガントな雰囲気の中世の町。





コルティナ・ダンペッツォ Cortina D'Ampezzo

アンペッツォの渓谷、標高1210mの地点、ドロミティ山塊の心臓部に絶好の位置を占め、ドロミティの首都となっているコルティナは、冬も夏も十分施設のそろったハイクラスのリゾートである。このあたりをとります壮麗な山岳風景を満喫したい。







株式会社 ロッティツアー 東京都知事登録旅行業3-4675号 ANTA正会員 www.lotti-tour.com
Copyright © 2017 Lotti Tour Inc. All rights reserved.